いぐるみの雑記帳

ゲーム関連の話題が中心の雑記ブログです。

岩田聡社長に関する私的な想い

 朝起きて最初に目に飛び込んだニュースが、任天堂岩田聡社長が死去されたというものであった。まとめサイトでその記事を見たので、初めは誤情報だと思った。しかし公式サイトを確認してその情報が正しいものだとわかり、非常にショックを受けた。

 

 思い返してみれば、中学の頃までは生粋の任天堂っ子だった。欲しいハード・ソフトはどれも任天堂関係だった。しかし、高校になってから、ソニーマイクロソフトのハード・ソフトで遊ぶことが多くなった。任天堂に全く興味がなくなったわけではないが、確実にそれはなくなりつつあった。

 

 そんな私が任天堂に再度興味を持つようになったのは、「Nintendo Direct」だった。「Nintendo Direct」は、岩田社長が任天堂の最新のソフト情報を直接話してくれるという動画である。公開される日は「今日は一体どんな情報が発表されるのだろう」とワクワクしながらPC前で待ったものである。この「Nintendo Direct」で私は岩田聡という人物を知ったと記憶している。

 

 その後、岩田社長がハード・ソフトの関係者に話を訊く「社長が訊く」などを通してさらに任天堂のハード・ソフトに興味を持つようになった。その結果、3DSを持ってはいるが新たにNew 3DS LLを購入したり、先月にはついにWii Uも購入した。中学の頃とまではいかないものの、その頃に近づく勢で任天堂に惹かれはじめているのである。

 

 岩田社長は任天堂に興味を失いつつあった私に任天堂の魅力を再認識させてくれた方なのであった。そんな岩田社長が死去された。55歳であった。早すぎる死である。心よりご冥福をお祈りいたします。そして私的にもう一言「任天堂の魅力を伝えてくれてありがとう」